イスラエルビジネスの問題点 Step2-Step3

第四章 イスラエルのイノベーションと関わる際の勘所

◆STEP 2 イスラエルとビジネス検討段階 つづき
検討初期段階の課題はやむを得ない部分もあります。「適切な訪問先を見つけるまでの手法を把握していない」「日々生まれるスタートアップのテクノロジーが様々な領域に散在、変化しているため、分野横断しての情報収集、目利きが難しい」「技術、経営、現地評判、業界評判等、総合的見地から筋の良いスタートアップの判断が難しい」など、ある程度は失敗しながらでないと進めないフェーズでもあります。企業の選定後も課題は多いです。

「そもそも、その選定は正しいか」ではなく、「選定基準がないために、いい企業とばかり会おうとしてしまう」企業を何社も見てきました。いくらいい企業であっても、自社の目的に合致した会社でないと、次のステップに進む確率は、格段に下がります。また、協業相手との交渉において、意思決定者等の同伴や事前調整ができておらず、何のために訪問するか、目的が定まっていないなど、挙げればきりがありません。

それ以外の主なことは、「ニーズの合致したスタートアップへ適切なアプローチ、コミュニケーションができていない」「そもそも、アポが取れない」「社内説得ができない」「社内各部署との連携体制の構築できていない、連携体制を後から構築しようとするが調整がつかない」「現地目線でのコミュニケーション、言語、経営目線不足」「現地の実務経験不足」「イスラエルで効果的な活動をするためのネットワークがない」「ビジネス化まで見据えての予算化が見通せない」など多岐に渡るでしょう。

◆STEP 3 イスラエルビジネス開始、イスラエルビジネス本格化
提携相手も決まり、実際事業開発していく段階です。この段階では、課題も単独のスキルで解決できないような本質的なことになってきます。具体的には、「協業先との共同研究、投資、 PoC(実証実験)などは社内人材だけで完結できない」「ビジネス開発全般を行うにあたり、社内に適切な人材がいない」「イスラエルに拠点を持ちたいが、自社のリソースだけではできない。オフィス契約形態、整備、運用経験がない。」「駐在員が 1 人で派遣されても何もできない、駐在者に権限がほとんどない」「駐在員が雑用に時間をとられすぎ、ビジネス活動に集中できない」「社内で現地とコミュニケーション、交渉できる人材が乏しい」「現地の変化、トラブル対応、リスク管理をどう行うか、社内で体制ができていない」など、多岐に渡り、短期的な目線だけで解決できることも少なくなってきます。

上記のように数多くの課題が存在する中で、本稿では、「テクノロジー」と「イノベーション」と「経営」に関わる課題を、1 つでも多く解決する手助けになればと思います。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store